Yahoo!ファイナンス > 税金情報TOP > 相続・贈与の税金情報 > 相続税 > 1.相続税のしくみ

1.相続税のしくみ

相続税は、個人が亡くなられた人の財産を相続したときのほか、遺贈や「相続時精算課税」による贈与により取得した場合に課税される税金です。

これら亡くなられた人の財産を取得した各人全員の価額の合計額から、同様に相続などする亡くなられた人の債務(借入金、未払金など)及び葬儀費用を差し引いた後、「遺産に係る基礎控除額」を控除した後の残余の価額に相続税が課税されます。

したがって、相続した財産の価額の合計額が基礎控除額以下であるときには、相続税の申告をする必要はありません。

上記遺産に係る基礎控除額の計算は、次の算式により計算できます。

≪ 5,000万円 +(1,000万円 × 法定相続人の数)= 遺産に係る基礎控除額 ≫

(注)法定相続人の数には、相続を放棄した人も加えますが、「養子」がいるときには、
(1)実子がいるときは1人 、(2)実子がいないときは2人までとなります。

税理士紹介
ご希望に合った税理士を無料でご紹介いたします。ご自身で税理士を検索することもできます。
税理士を探す、相談する
確定申告情報
確定申告に関する手続きや注意点を説明します。
確定申告情報を見る
Yahoo!サービス
買う
Yahoo!証券窓口 Yahoo!証券窓口
 - 口座開設、証券取引
集まる
Yahoo!掲示板 Yahoo!掲示板
・資格、試験
 - 税理士
調べる
Yahoo!知恵袋 Yahoo!知恵袋
・企業と経営
 - 会計,経理,財務
Yahoo!カテゴリ Yahoo!カテゴリ
・事務所
 - 税理士
 - 会計士